経理事務・事務系派遣・人材派遣・アルバイトのお仕事情報

経理事務とは【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

派遣業務 【経理事務】

 

経理事務とは従来は伝票の起票、帳簿記入から始まりましたが、現在は会計ソフトを使用し、仕訳入力から、試算表作成、月次決算、四半期決算、年次決算まで会計処理を行うことをいいます。また、企業によっては売掛金管理、入出金管理、給料の計算、年末調整まで行うところもあります。
業種・規模を問わず、すべての企業において経理事務は年間を通して安定した就業機会のあるお仕事です。経験や資格が優先されるため、他の事務系の仕事と比べて専門性を有するといえます。
経理事務という職種上、企業であれば、日々の仕訳は最終的に決算報告書という形で公なものとなりますので、数字に強く、テンキーの入力スピードが速く、正確であることが求められる仕事でもあります。
また、会計基準の変更や会計ソフトの技術進歩を積極的に吸収することができる人材が最適です。
人材派遣の経理事務で必要とされるレベルは大企業から中小企業または業種によっておおきく異なります。経理レベルの基準とされるのは簿記2級以上ですが、経験や意欲を優先する企業が多いようです。大企業では経理部門さらにグループに分かれている場合が多く、一人ひとりに割り当てられる内容が限定されがちです。中小企業では資金管理、日々の仕訳入力から試算表作成、年次決算まで経理に係わることすべてを任される場合があります。
営業事務として売掛金管理や請求書発行、あるいは部門の予算管理の経験があれば、経理としてのキャリアに踏み出すことはそれほど難しくありません。
経理事務のお仕事に興味があって、簿記の勉強をしたり資格を取得したという人の場合はまず実務経験を積むことが大切になりますから、比較的大きな企業で経理業務を部分的に担当するなどして、キャリアを身につけることが優先です。

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 経理事務のメリット

 

 人材派遣-INQBATOR-topページへ 経験や資格が優先され、手堅く安定している。
 人材派遣-INQBATOR-topページへ 新会計基準や各種ソフトの技術進歩を吸収できる。
 人材派遣-INQBATOR-topページへ 仕事をしながら勉強を重ね、将来的に税理士や公認会計士などの
      国家資格を取得して開業を目指すこともできる。

 

 

 

 

経理事務での有効資格

 

税理士・公認会計士・簿記検定試験(日商)・パソコン財務会計主任者試験

 

ホーム サイトマップ