情報事務・事務系派遣・人材派遣・アルバイトのお仕事情報

情報事務とは【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

派遣業務 【情報事務】

 

情報事務とは、IT革命(Information
Technology)が、情報化社会を急速に進展させデジタルディバイド(=情報格差)を引き起こした結果、おもにパソコン利用者と開発者との情報格差を埋めるパイプ役をする仕事です。
@テクニカルサポートエンジニア
企業において、製品やサービスを売ったあと、いかに顧客に満足感・安心感を与え、継続率を高めるかが、戦略上とても重要です。無料期間中等のキャンペーン途中での解約などは、企業にとってコストがかさむ一方で、利益が回収できません。そこで、どの企業も顧客満足度を向上させ競争力を高め、他企業との差別化戦略のため、コンピュータのソフト・ハードの製品情報、サービスの操作、トラブル・エラーに関する質問に回答するサポート体制を最重要課題とし、多くの予算を投入します。日進月歩で技術革新や新サービスが生まれるIT分野では、ユーザーからの支持を得るためにはコンピュータの知識はもちろんのこと、内容をわかりやすく相手に伝えるコミュニケーション能力が求められ、優秀なテクニカルサポートエンジニアの存在が不可欠です。
Aシステムアドミニストレーター
従来システム技術者中心のものであったコンピュータの世界は、高度情報システムが急速に発展する中、コンピュータやシステムをいかに利用して業務に反映させていくかということが重要となってきています。そのよう中、企業独自のシステム構築や改善などをする場合、システムアドミニストレーターと呼ばれる、システムを利用する側の立場にたって業務の情報化をリードし、業務に合った使いやすいシステムを作ってもらえるよう、開発者に提案や助言をする人間が必要となります。システムアドミニストレーターは、通常は配属先の部署で業務を行っています。パソコンを利用して業務を行うにあたり、実際の業務に合った、使いやすいシステムになるよう、システム開発者にエンドユーザの代表として要望を出していきます。さらに制作されたシステムのテスト・検収などをしたり、導入されたシステムの運用を行ったりします。シスアドは実際に配属部署の業務にも精通し、パソコン利用者とシステム開発者の間に立ち、会社の情報システム化を推進して業務の効率化を導く役割を担っています。

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 情報事務の特徴

 

システムアドミニストレーターの技術レベルは、システム思考能力やそれの根幹となるデータフローダイアグラムやワークフローなどの手法や活用法、情報システムについての知識・技能、パソコンやネットワークに関する基礎知識、業務において表計算ソフトやデータベースソフトなどのツールを操作・活用など広範囲で利用者側としてのスキルが要求されます。

 

 

 

情報事務での有効資格

 

上級・初級システムアドミニストレータ・情報セキュリティアドミニストレータ

 

ホーム サイトマップ