医療事務・事務系派遣・人材派遣・アルバイトのお仕事情報

医療事務とは【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

派遣業務 【医療事務】

 

医療事務とは病院や診療所など医療の現場で、受付窓口や患者のカルテ管理、健康保険点数の算出、医療保険の支払機関に提出する診療報酬明細書(レセプト)作成などです。
@受付業務
患者さんが病院にきて、はじめに立ち寄るところが受付です。受付では、保険証を確認したり、初診や再診の手続きをしたり、診察券を発行したりします。つらい思いをして、病院に来ている患者さんに優しく笑顔で対応し、不安を少しでも和らげてあげる温かい対応が求められる大切なお仕事の1つです。
A病棟クラーク
患者さんの入退院の受付・管理、診療内容のデータ入力という事務処理を行います。また、看護師さんの事務作業の補助を行うことも。医療の現場により近い場所になるので、医療に関する知識も必要になりますし、患者さんへの温かい対応も必要不可欠になります。
Bオペレーター業務
カルテや伝票・処方箋などから、ドクターの行った診療内容や処方した薬剤・患者さんの情報を読み取り、医療事務コンピュータに入力します。医療事務コンピュータの操作を的確に行うことはもちろんのこと、各書類の情報を正確に読み取る知識が必要になってきます。
C会計業務
診察や治療が終った患者さんの会計を行います。投薬料・注射料・検査料などの診療費を計算します。患者さんが加入している医療保険によって、負担額がかわってくるので正確に計算することが求められます。
D診療報酬請求事務
患者さんが支払った医療費は、受診にかかった費用の一部に過ぎません。残りは国や健康保険組合に請求します。その請求書が『診療報酬明細書(レセプト)』といいます。レセプトの作成は、専門的な知識に加え正確さが必要になります。
上記のように医療事務といいましても多岐にわたります。病院、診療所、調剤薬局など、働く場所によって仕事内容が異なる場合もあります。

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 医療事務のメリット

 

近年は医学の進歩や高齢化に伴い事務量も増大し、社員として抱えることから医療事務を外注に委託する医療機関も増大傾向にあります。
医療事務の技能者は、高齢化や医学、社会保険制度の複雑さもあいまって将来性豊かな職業といえるでしょう。

 

 

 

医療事務での有効資格

 

診療報酬請求事務能力認定試験(厚生労働省認定試験)
医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)
医療秘書技能検定(医療秘書全国協議会)

 

ホーム サイトマップ