紹介予定派遣について知ろう!人材派遣の総合情報サイト

紹介予定派遣とは【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

紹介予定派遣

 

紹介予定派遣(Temp to Perm)とは、求職者と企業の双方のリスクヘッジの考えから、あらかじめ決められた派遣期間(最長6ヶ月間。2〜3ヶ月のことが多い)が終了した時点で、派遣先企業と本人双方の合意が得られれば、直接雇用(正社員や契約社員)になる働き方のことです。
転職時に起こりやすい企業と個人とのミスマッチが軽減するといわれており、アメリカでは、Temp to Permとして一般的に普及しており、社員を目指す派遣スタッフがこの制度を積極的に活用しています。
なお、雇用形態は派遣社員であり、派遣社員は就業先企業ではなく、各派遣元会社と雇用関係を持ちます。
実際には企業と個人とのミスマッチの軽減もさることながら、求職者としては派遣期間中に自分をアピールすることができ、実際の仕事を通じて面接や採用試験では表現できない自分の強みを理解してもらうチャンスが生まれます。
求人企業側としても通常の採用プロセス(公募・斡旋→面接→入社)で合否ボーダーラインに乗っている場合、企業としては非常に難しい判断を迫られます。
企業にとって人を採用するということは雇用リスク(コスト)が発生しますので、そのコストを上回る収益を生むかどうかの判断に慎重を期するのは当然のことです。
しかし、紹介予定派遣であればそのリスクは数ヶ月の派遣期間中に発生するコストだけで、活躍できそうな人材を低いリスクで確保できるという、1人採用することのリスクヘッジのみならず機会損失の軽減も図ることができます。
また、事務的なメリットとして、雇用関係を持たずに就業させることができるため、雇用にかかる手続きや諸経費が削減できます。もし派遣期間後正社員に採用することなく契約終了となっても、退職手続きなどは不要であり、人事にかかる事務負担を軽減できます。

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 予定紹介派遣のメリット

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 自身の能力と会社が求めている能力との整合性を判断できる。
人材派遣-INQBATOR-topページへ 会社の風土や理念が自分に合っているか判断することができる。
人材派遣-INQBATOR-topページへ スタッフのデータと会社のデータから、今まで培ってきた独自の統計データにもとづいて、
     スタッフと会社とのマッチングを最適化し、多くのロス(時間・コスト・労力など)を回避できる。

 

 

 

ちょこっと知識

 

予定紹介派遣での報酬は、基本的に求職者の負担はありません。また、求人企業にとっても、プロの人事コンサルタントが求人企業の経営戦略などを考慮に入れた上で事業戦略に即した最適な人材を確保するため、時間及び質ともに良い結果が得られます。

 

ホーム サイトマップ