派遣社員の厚生年金保険について

年金保険について【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

派遣社員の厚生年金保険

 

年金保険とは、人間だれしも齢を重ね、いつまでも働き続け、生活をいとなむための収入を得ることが困難になります。老後の生活保障・安定を図ることを目的に、国が社会保障制度の一つとして、公的年金制度がつくられました。
公的年金とは国民年金・厚生年金・共済年金の3つのことをいいます。
@国民年金
国民年金とは基礎年金とよばれ、すべての国民を対象として20歳になった時点で支払い義務が生じ被保険者になります。おもに事業主が対象です。
A厚生年金
厚生年金とは会社員の国民(基礎)年金の付加部分です。
B共済年金
共済年金とは公務員の国民(基礎)年金の付加部分です。

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 年金保険で知っておきたいポイント

 

年金保険の給付種類
@老齢年金
老齢年金とは、老後の生活保障を図るために給付を受ける年金です。
なお、受給資格は年金保険料の支払期間が25年以上で、受給開始年齢は65歳からとなります。
(現行では各制度間で受給年齢がずれており、順次65歳に統一している過程です。)
A障害者年金
障害者年金とは、事故などで一定の障害を負った被保険者に対して支給される年金です。
B遺族年金
遺族年金とは、被保険者が死亡した場合において、その遺族に対して支払われる年金です。
確定拠出年金(401K)について
確定拠出年金(401K)とは、出るよりどころが決まっている。いわゆる毎月の掛金は一定で、加入者はその拠出金を自己責任のもと運用し、将来の受取額が変動する年金制度のことです。なお、公的年金は受取額を基準に設計されているのため、確定給付年金といいます。

 

ホーム サイトマップ