派遣社員・アルバイトの住民税について

住民税について【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

派遣社員の住民税

 

住民税とは、所得に対して国が課税する税金が所得税ですが、都道府県や市町村が課税する税金がおのおの道府県民税と市町村民税で、これらを住民税といいます。
所得税は給料が支払われれるその所得にて源泉徴収をしますが、住民税は前年の所得に対する税金の後払いとなります。具体的には前年1月から12月までの一年間の所得に対する住民税が本年の6月支給分の給料から来年5月支給分にわたって、総額を等分され毎月源泉徴収されます。(特別徴収方式)また、6月・8月・10月・翌1月の年4回に分けて直接納付する普通徴収と呼ばれる方法もあります。
住民税は、会社が毎年1月31日までに「給与支払報告書」を本年1月1日現在各従業員の居住している市区町村に提出しており、市区町村は「給与支払報告書」をもとに住民税を計算し、「特別徴収税額通知書」を会社に送付します。それをもとに6月支給分給与から住民税を控除することになります。
住民税はおもに「均等割」「所得割」「利子割」の三種類から構成されています。
@均等割・・・所得のいかんにかかわらず住民に一律に課税されます。
A所得割・・・所得税と同じく前年の所得に対して総合課税されます。
B利子割・・・預貯金の利子などに対して5%の税率で源泉徴収にて課税。

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 住民税で知っておきたいポイント

 

 

住民税も所得税同様、会社でいう経費にあたる部分として収入に応じた一定金額を必要経費として認め、あらかじめ給料から控除する給与所得控除という制度があります。
また、各種所得控除や税額控除もあります。住民税は給与所得控除後の金額から各種所得控除を差引いた後の金額(所得)に対して、住民税率が適用課税され会社が送付する給与支払報告書や確定申告により納税額が決定します。

 

ホーム サイトマップ