貿易事務・事務系派遣・人材派遣・アルバイトのお仕事情報

貿易事務とは【派遣いんきゅ】人材派遣INQBATOR

派遣業務 【貿易事務】

 

貿易事務とは、商品の輸出入に必要な手続きに携わります。輸出業務、輸入業務に大別され、受発注から運送便手配、通関手続き、倉庫手配、代金の回収・支払い、利益計算まで一連の流れを行います。
一般企業における営業事務に通じる部分があるため、経験のある人が英語力を身につけて貿易事務にステップアップすることも多いようです。
貿易事務職として活躍する場は主に商社、メーカー、船舶会社、乙仲(海運貨物取扱業者)などです。英語力(読み書き、会話)、貿易全体や外国為替に関する総合的な知識が必要です。会社によっては、処理を細かく分業し、英文を理解できる程度の英語力と基本的なPC操作能力があれば可能な場合もあります。
海外との貿易に関連する業務を行うことから高い英語力はもとより通関書類の作成や確認など正確さが求められる貿易事務の仕事ですが、キャリアアップを目指すのであればその他にも法律や経済、特に貿易に関する法令や為替などといった分野の知識が大切になります。 
派遣で貿易事務を経験し、その後商社やメーカーに転職といったパターンも多く見られます。
一般的に、書類を確認する輸入業務よりも、書類を作成する輸出業務の方が難易度が高いと言われています。業界としては、商社、メーカー、船舶会社、乙仲の4つがあり、それぞれで役割も異なります。メーカーは主に自社製品の販売、船舶会社は実際に船を保有し運送、乙仲は仲介業として船の予約や税金の処理などを請け負います。商社については代金決済までを含めた幅広い業務を行っています。
通関士は貿易業務に欠かせない資格です。これは、海外から届いた荷物を国内市場に受け入れるために必要な、保管・申告・検査・関税納付・許可などの手続きを行える資格です。
貿易実務検定試験は貿易関連・通関関連業務に携わる方はもちろん、個人輸入を行っている方にも人気が高く、営業事務からのステップアップや商社勤務経験者が目指すケースが多く見受けられます。

 

 

 

 

人材派遣-INQBATOR-topページへ 貿易事務のメリット

 

近年はグローバル化が進み、国境の概念が薄れつつある時代になりました。その影響から海外と直接やりとりするメーカーが増加し、貿易事務のニーズは堅調です。
貿易事務は、総合商社や専門商社、物流会社だけでなく、海外に自社工場をもつメーカーや、海外から原料を輸入したりするメーカーなどでもニーズのあるお仕事です。

 

 

 

貿易事務での有効資格

 

貿易事務での有効資格・通関士・貿易実務検定試験・TOEFL・TOEIC

 

ホーム サイトマップ